ミノキシジルの副作用:キャピキシルとは似て非なるもの
MENU

ミノキシジルの副作用:キャピキシルとは似て非なるもの

ミノキシジルの副作用:キャピキシルとは似て非なるもの

 

ミノキシジルの副作用は明確にあり、これは育毛剤業界には知れ渡っていることです。
キャピキシルと同じような育毛促進効果があるので、従来からあり、信頼されている育毛成分と思われがちですが、実はミノキシジルには明らかな副作用があり、その成分が開発された経緯もキャピキシルとは違うんです。
なので、キャピキシルとは同じ育毛効果があっても似て非なるものとして扱うべきであります。

 

ミノキシジルは?

 

ミノキシジル(Minoxidil)はもともと1960年齢に高血圧の経口薬(血管成長剤)として米国で開発された原料だ。

 

後にクライアントの大勢に全身の多毛症が見られるようになったことから外用薬としての臨床検証を活用。抜け毛症を回復させ髪を育成するインパクトが確認されたことから、1980年齢に世界で初めて抜け毛症の外用施術として認可されました。

 

後日、米国では1990年齢にロゲインとして、日本でも1999時に大正製薬がリアップという銘柄で発売を開始。現在では、津々浦々を含む世界中の多くの人が並べる育毛剤に配合されています。

 

当初は、ミノキシジルの合成濃度が1百分率2百分率という低濃度の育毛剤が大方でしたが、現在は5百分率濃度のものが主流になってきています。
ミノキシジルの関わり
血管拡張作用

 

ミノキシジルは、血管を拡張するアクションがあります。

 

スカルプに関するヘアー細血管を拡張する結果血液流量が増し、血を通してヘアー乳頭・ヘアー母体細胞に酸素や栄養が届き易くなります。

 

酸素や栄養を供給されたヘアー乳頭やヘアー母体細胞は頭髪を生産する没頭を活発化し、その結果、発毛拡張につながります。

 

血管を拡張するアクションがありますので、高血圧、低血圧の治療を受けてあるヒューマンや心臓や腎臓にバリアーのあるヒューマンはミノキシジルの需要は避ける必要があります。
血管新生アクション

 

また、ミノキシジルには、ヘアー乳頭細胞からのVEGF(血管内皮細胞増大ファクター)の分泌を促す作用があることが分かっています。

 

VEGFには、血管の成立に関与し、血管を新生始める作用があると言われている結果、髪に必要な新血行ラインを確保できます。

 

血管拡張作用や血管新生アクションは、年齢や慣習疾病などでスカルプのヘアー細血管が萎縮したり少なくなっているヒューマンには効果が期待できると考えられます。
男性ホルモン抗戦には不得意?

 

ミノキシジルにはこのような育毛に関する効果が有り、AGA結論として一定の効果は認められていますが、AGA(男性形態抜け毛症)の原因である男性ホルモンを牛耳るアクションはあまりゼロと考えられています。

 

ミノキシジルが生え際部分の発毛にはあまり効果がないは、生え際部分が男性ホルモンの効果をすごく受けているためだと考えられています。
ミノキシジルの反動

 

ミノキシジルには、
・経口集団(内服薬)と
・リキッドタイプ(外用薬)
がありますが、育毛施術として認可されているのは世界中を問わず外用薬としてだけで、内服薬としては認可されていないことに注意が必要です。

 

最近は、個人輸入などで第三国から内服用のミノキシジルを輸入やる方も多いようですが、これは育毛施術としてではなく、高血圧の経口薬として販売されているものを輸入やるもので原則ドクターの受診を必要とするものです。

 

内服薬のミノキシジルは、スカルプの血管だけでなく、心臓や肺などの五臓六腑の血管まで成長させ、重篤な反動のリスクもありますし、他の薬(たとえば感冒薬などに配合されているイブプロフェンなどの原料)との呑み合わせにも注意が必要と言われています。

 

内服薬は安易に服用せず、ドクターなどの専門家の批判を仰ぐことが重要です。

 

実際、動悸や目眩、頭痛、倦怠感、むくみなどの病態で結局は数ヶ月の使用で降伏達する方も少なくないようです。

 

一方、外用薬としてのミノキシジルは日本でのリアップを始め海外でもロゲインという称号で販売されているのは有名です。

 

近年は、ロゲインのジェネリック編としてカークランドロゲインなど安価なものが個人輸入などで利用されていらっしゃる。

 

外用薬としてのミノキシジルによるときの反動としては、スカルプのかゆみや炎症、プツプツ、脂漏性人肌炎などがあります。

 

また、販売化されている大正製薬のリアップにおいても薬品との関係は不鮮明としながらも、間隔ケース系の反動についての報せが大勢寄せられたといったこともあるようです。

 

このようにミノキシジルを外用薬として使用した場合も、重篤な反動の心配はないは言い切れないのが現状です。

 

特に、服用を中止すると服用前の状勢まで戻って仕舞う可能性が高く、発毛インパクトを維持したい間は、長期にわたって使用しなければならない結果、その心配は高くなると言わざるを得ません。

 

現在ではミノキシジルに頼らずとも同等以上の効果が期待でき、かつ、上記のような反動や心配が非常に乏しい原料も大勢検知・公表されています。

 

特に、育毛剤フィンジアなどに配合されているキャピキシルとピディオキシジルなどの原料は、ミノキシジルと同等以上のインパクトが期待されているだけでなく、上記のような反動や心配が殆ど無い原料として注目を浴びていらっしゃる。