キャピキシルの育毛効果は3倍ってなにが根拠なの?

キャピキシル育毛剤のキャピキシルって、どんな成分なのでしょうか?

MENU

キャピキシルの育毛効果は3倍ってなにが根拠なの?

髪の毛の事でお悩みの方なら、「キャピキシル」についてはご存知かもしれません。
しかも、このキャピキシルを説明する上で欠かせないのが、3倍効果というものです。

 

ほんとにキャピキシルは従来の育毛剤より3倍も効果があるんでしょうか?

 

3倍の発毛効果なのか?3倍早く生えてくれるのか?

 

「嘘なんじゃないの?」と疑いたくなりますよね。

 

 

当サイトのトップページでキャピキシルの効果について詳しく解説していますが、
まずはキャピキシルの成分について解説します。

 

キャピキシルは、カナダの「LUCAS MEYER COSMETICS社」で開発された成分で、
植物エキス(アカツメクサ花エキス)のビオカニンAと、
成長因子のアセチルテトラペプチド-3という2つの成分から成り立っています。

 

この「ビオカニンA」は、5αリダクターゼを強力に抑制させる成分で、
また、「アセチルテトラペプチド-3」は、ミノキシジルの3倍と言われる成分です。

 

それぞれの成分の特徴を見て行きましょう。

 

■アカツメクサ

有用成分として、豊富なイソフラボン類が含まれています。
中でもビオカニンAと呼ばれるイソフラボンの一種には、5αリダクターゼを強力に阻害する効果を持つ事が
メーカーから発表されていて、これが男性型脱毛症に効果的だという事なのです。

 

■アセチルテトラペプチド-3

4つのアミノ酸で構成される成分で、大変、強力な細胞外マトリクスの修復作用を持っています。

 

これが、毛包の構造維持に働きかけ、
育毛医薬品成分「ミノキシジル」の3倍に相当する有用性成分であるという事が確認されています。

 

キャピキシルを知らない方でも、ミノキシジルは発毛剤などでお耳にした事があるのではないでしょうか?
その、育毛などに効果的と言われているミノキシジルよりも、
更に3倍に相当する有効成分である事が確認された成分なわけですから嬉しいやら驚きやらを隠せません。

 

これらの強力な成分を合わせて生まれたのがキャピキシルです。

 

 

アセチルテトラペプチド-3が3倍効果と言われる理由

 

「カナダのルーカスマイヤーコスメティック社」が発表した臨床データに
キャピキシルの主成分であるアセチルテトラペプチド-3とミノキシジルの発毛実験の結果があります。

 

キャピキシルの育毛効果は3倍ってなにが根拠なの?

 

同じ条件で発毛実験をした結果から、ミノキシジルで+52%の上昇があったのに対して、
アセチルテトラペプチド-3では+156%もの発毛効果があったとなっています。

 

確かにこのグラフから見ると、発毛効果は3倍ありますね。

 

これがキャピキシルにはミノキシジルの3倍の発毛効果がある
と言われている理由です。

 

 

この成分は、脱毛を抑えながら育毛効果を発揮する作用があるので、
育毛業界で最も話題になっている育毛成分で、ミノキシジルとの違いは、
ミノキシジルが主に毛根部分に血液が送られる毛細血管の拡張をし、
それに付随する毛母細胞の活性化による発毛効果です。

 

一方、キャピキシルでは、脱毛ホルモンによる毛根衰退とヘアサイクルの狂いを止めます。

 

そして、萎縮した毛母細胞を復元させる作用による発毛効果なのです。

 

なので、一概にはキャピキシルだけが勝っているという事ではなく、
その方その方の効果的な使い方により、キャピキシルで思ったような効果が中々得られにくい場合は、
朝晩でミノキシジルとキャピキシルを使い分けるなどの工夫をされるのが良いでしょう。

 

 

総評

 

たしかに「カナダのルーカスマイヤーコスメティック社」が発表した臨床データからは
キャピキシルの発毛効果はミノキシジルの3倍あるとなっています。

 

しかし、これはあくまで実験結果であって、発毛効果にはやはり個人差はあります。

 

なので単に【発毛効果が3倍もある!】ということだけにこだわらずに、
副作用のリスクが極めて低い育毛成分で有効であると思っていれば十分です。

 

いずれにせよ、育毛成分としてはかなり期待できますよね。

 

このキャピキシル、日本で手に入る育毛剤で成分に含まれているものは以下です。